ヒートスリム42℃はどう使うの?
貼るだけでお手軽に脂肪が燃焼できて、ズボラさんでも簡単に使えると話題のヒートスリム42℃。

でも腹巻なら使ったことはあるけれど、パッチタイプって使ったことがなくて、使い方が分からない人も多いです。

そこで今回は、ヒートスリム42℃の使い方について調べてみました。

せっかくヒートスリム42℃を購入したのに、使い方が分からなくてゴミ箱行きだなんて悲しいですよね。

是非紹介する使い方を参考にして、ヒートスリム42℃を使ってみてくださいね。

ヒートスリム42℃について、おさらい

ヒートスリム42℃は貼るだけで脂肪を燃焼させてくれて、メリハリボディが目指せるアイテムです。

1箱購入すると8シート入っているので、お腹はもちろん腕や脚にも使える優れものです。

ヒートスリム42℃は、痩身専門のエステサロンでも効果が認められていて、大好評なんですよ。

さらに楽天市場に出品すると販売開始後たった3ヶ月で、ダイエット部門ランキング第1位を獲得するほどの人気ぶりです。

モデルの愛用者もとても多いですし、累計販売数も多いです。今後もっと増えそうですね。

理由は貼るだけと簡単なことと、脂肪燃焼効果が実感しやすいこと、薄くて日中つけていてもばれにくいことにあります。

さらにあの美容大国韓国で特許を取得している、今大注目の、実力派の美容アイテムなんです。

パッチタイプって使い捨て?

ヒートスリム42℃は、残念ながら使い捨てです。そのため、都度新しくする必要があります。

ただそのぶん衛生的ですし、他人に試しに1枚あげる、なんてこともできますよね。

医薬品の、シップを想像してみてください。使い方的には、あれと同じ感じです。

ただ8枚入りですので、カピカピになって最後のほうは使いにくい、なんてこともありませんよ!

ヒートスリム42℃の使い方

それではさっそくヒートスリム42℃を貼っていきたいと思います。

まずはお腹についたゴミやほこりなどを、タオルやティッシュ、息などで優しく取り除きます。

そしてはくり紙をはがします。可愛いハート型がおへそにくるように貼ります。たったこれだけです。

はくり紙は3箇所に分かれています。左側、中央、右側です。貼るのが苦手な不器用さんっていますよね。

その場合はまず、はくり紙をつけたまま、貼る場所に合わせます。そして中央部分のはくり紙をはがして貼ります。

そして左のはくり紙を内側からはがしてヒートスリム42℃を貼り、右も同様にします。

たったこれだけで、ヒートスリム42℃に練りこまれたカプサイシンなどの効果によって脂肪が燃焼します。

その際じんわりと温かくなるのですが、不良品などではないですよ。

ヒートスリム42℃を使う際の注意点

ヒートスリム42℃は、貼るだけでメリハリボディを目指せるアイテムです。どんなときにも使いたいですね。

でも仮にお肌にかゆみや赤みがある場合、何も影響が出ない保障はできないので、使わないほうがいいです。

また1日に8時間以上つけると皮膚が呼吸できませんし、かぶれなどの恐れもあるので、やめてください。

さらに、もっと痩せたいとか早く痩せたいという気持ちは分かるのですが、隔日の使用をおススメしています。

こちらも皮膚呼吸やかぶれを懸念してのことで、もし守られない場合、安全は保障できません。

まとめ

いかがでしょうか?ヒートスリム42℃の使い方はとても簡単ですが、注意する点も多いです。

そんなヒートスリム42℃には公式サイトが存在することを、あなたはご存知でしたか?

まだ知らない人、知ってはいるけれど見ていない人もいるでしょう。

ヒートスリム42℃について詳しく知れますし、紹介しきれなかった使用法や注意点も掲載されています。

もしヒートスリム42℃に興味があれば、一度じっくり見てみてはいかがでしょうか。

⇒ヒートスリム42℃の公式サイトはこちら